本人認証サービスのパスワード

オンライン上のクレジットカード決済処理の際に、クレジットカード番号・有効期限・セキュリティコードの入力に加えて、3Dセキュア認証(本人認証サービス)が求められることがあります。

3Dセキュア認証(本人認証サービス)とは、第三者による不正使用リスクを軽減するために、クレジットカード発行会社が発行したID・パスワードによる追加認証を行う仕組みです。

仮に、カード番号が流出してしまったとしても、3Dセキュア認証(本人認証サービス)のID・パスワードが漏れていなければ、不正使用を防ぐことができます。

本人認証サービスは、国際ブランド毎に、名称が異なります。

国際ブランド Visa MaserCard JCB American Express
ロゴ Verified by visa画像 Mastercard SecureCode画像 JCB J/Secure画像 American Express Safekey画像
名称 Visa認証サービス SecureCode J/Secure American Express Safekey

この本人認証サービス、nanacoクレジットチャージの事前登録の際にも求められます。

また、当サイト「リクルートカードプラス.com」のドメインは、ムームードメインで取得しているのですが、ムームードメインでの決済処理の際にも3Dセキュア認証(本人認証サービス)が求められます。

リクルートカードプラス、リクルートカード(JCBブランド)は、株式会社ジェーシービー発行のクレジットカードですので、「J/Secure」による認証となり、そのIDとパスワードは、会員様がMyJCBに登録しているIDとログインパスワードとなります。

リクルートカード(Visaブランド)は、「Visa認証サービス」(Verified by VISA)による認証を受けることになり、そのIDとパスワードは、会員様がMUFGカードWEBサービスに登録したIDとパスワードになります。

何かにつけて、本人認証サービスが求められますので、この機会に登録しておきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ